バーンスタインのヤングピープルズコンサート6 Young People's Concert Humor in der Musik

配信終了:2020年11月13日 23:59

ドキュメンタリー

  • 1時間
  • 2004
  • -

伝説のテレビ・シリーズ第6話は、音楽の中に表現された「ユーモア」「ジョーク」「ウィット」「風刺」「パロディー」「しゃれ」「ナンセンス」がテーマ。バーンスタインのエンターテイナーぶりが必見。 バーンスタインが「私の人生の中で最も気に入り最も誇りに思っている仕事の一つ」と語る『ヤング・ピープルズ・コンサート』は、1958年から1972年までアメリカCBSで放映された伝説のテレビ・シリーズです。 バーンスタイン自らが構成と脚本を担当し、司会と指揮を務め、子供たちに楽しくわかりやすくクラシック音楽を解説します。子供たちが純粋に音楽を楽しんでいる様子が印象的。しかも、今大人が観ても、音楽の新たな楽しみ方が発見できる驚きの内容です。演奏はニューヨーク・フィルハーモニック。 第6話は、音楽の中に表現された「ユーモア」「ジョーク」「ウィット」「風刺」「パロディー」「しゃれ」「ナンセンス」などがテーマ。フランスの童謡「フレール・ジャック」(英語名「Are you sleeping ?」)を短調で歌うとマーラー『巨人』第3楽章になるなど、楽しいお話が満載。 バーンスタインが早口言葉を披露したり、ピアノを弾きながら歌ったり、そのエンターテイナーぶりは必見。ステージから子供たちに優しく語りかけるアラフォーのバーンスタインが若くてカッコイイ! [出演]レナード・バーンスタイン(お話・指揮・ピアノ)ニューヨーク・フィルハーモニック[演目]ポール・ホワイト:蚊の踊り、フランツ・ヨゼフ・ハイドン:交響曲第88番ト長調Hob.Ⅰ-88『V字』~第4楽章、セルゲイ・プロコフィエフ:交響曲第1番ニ長調Op.25『古典』~第1楽章&第3楽章、グスタフ・マーラー:交響曲第1番ニ長調『巨人』~第3楽章、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト:音楽の冗談K.522、ドミートリイ・ショスタコーヴィチ:バレエ『黄金時代』組曲Op.22a~ポルカ、アーロン・コープランド:劇場のための音楽~ブルレスク、ヨハネス・ブラームス:交響曲第4番ホ短調Op.98~第3楽章[収録]カーネギー・ホール(ニューヨーク)[オリジナル放映日]1959年2月28日[映像監督]ロジャー・イングランダー ■字幕/約1時間1分

おすすめ