バーンスタインの『ヤング・ピープルズ・コンサート』シーズン2 第12話 THE GENIUS OF PAUL HINDEMITH

配信終了:2020年04月24日 23:59

エンターテイメント

  • 55分
  • 1964
  • -

-

新たに発掘されたバーンスタインの伝説のTVシリーズのシーズン2。ドイツの作曲家ヒンデミットの音楽の仕掛けとその魅力を鮮やかに解き明かす。 レナード・バーンスタインが司会を務める『ヤング・ピープルズ・コンサート』は、米CBSで1958~1972年に放送された伝説的なテレビシリーズです。バーンスタイン自身が構成も務め、ニューヨーク・フィルの演奏、多数の名音楽家など、出演陣は実に豪華。なにより、バーンスタインならではのユニークなテーマ設定と明快な説明が貴重。映像は古さを感じさせますが、音質は良好で、子供から大人まで、初心者でもかなりのリスナーでも楽しめる、必見のシリーズです。 クラシカ・ジャパンはこれまで25話を放送してきましたが、2018年のバーンスタイン生誕100年を機に、新たに27話がHD映像化され、シーズン2として日本初放送します。 テーマはパウル・ヒンデミット。当時を代表するドイツの現役作曲家だったヒンデミットを特集することで、バーンスタインの敬愛ぶりが伝わることはもちろん、その独特の音楽の秘密がわかりやすく説明されていく様子は見ものです。 不協和な音楽が作られはじめた時代に、ヒンデミットは古典的な和声や作曲技法を使っていました。バーンスタインはヒンデミットのソナタの一部分を何度も弾きながら、その語法がバッハのようであること、その中で一瞬現れる不協和な音の魅力、音楽の特長を「苦味」といった言葉で表現するなど、見事にその特徴を解き明かしていきます。弦楽四重奏曲の一節や木管五重奏の一部をNYフィルメンバーが演奏する場面もあります。 後半は、ヒンデミットの代表作である交響曲『画家マティス』を取り上げます。元となったオペラのストーリーに、当時のヒンデミットの状況が重なるといった説明をした後、交響曲の全3楽章それぞれについて、題材となった絵を見せながら、その旋律やハーモニーについて、ピアノを弾きながら詳細に説明していきます。各楽章に説明を入れながら全楽章が演奏されますが、バーンスタインの覇気に満ちた指揮による瑞々しい好演で、この20世紀の傑作が体験できるのは嬉しい限り。 [出演]レナード・バーンスタイン(お話・指揮・ピアノ)ニューヨーク・フィルハーモニック[演目]パウル・ヒンデミット:5つの管楽器のための小室内音楽Op.24-2~第1楽章/交響曲『画家マティス』(第1楽章「天使の合奏」第2楽章「埋葬」第3楽章「聖アントニウスの誘惑」)[収録]1964年1月25日フィルハーモニック・ホール、リンカーン・センター(ニューヨーク)[オリジナル放映日]1964年2月23日[映像監督]ロジャー・イングランダー ■字幕/約55分

おすすめ