ポートレート『エディタ・グルベローヴァ』 Portrait Edita Gruberova - Die Kunst des Belcanto

配信開始:2020年04月22日 06:00

オペラ

  • 1時間22分
  • 2008
  • -

-

圧倒的な美声と驚異的な歌唱技巧を併せ持ったソプラノの女王エディタ・グルベローヴァのドキュメンタリー。故郷ブラティスラヴァの少女時代から教会の合唱隊、ブラティスラヴァの音楽院入学やウィーンに出たときの苦労話まで、これまで見ることがなかった貴重な映像が満載。1968年から70年にかけて収録された、若き日のグルベローヴァがブラティスラヴァ民謡やイタリア古典歌曲『すみれ』、ヴェルディの歌劇『椿姫』のアリア「さようなら、過ぎさった日よ」を歌うモノクロTV番組は必見。バルセロナのリセウ大劇場で行われたドニゼッティの歌劇『ルクレツィア・ボルジア』(コンサート形式)に向けたリハーサル、そして本番のフィナーレ映像も注目だ。 [出演]エディタ・グルベローヴァ(ソプラノ歌手)ブリギッテ・ファスベンダー(元メゾ・ソプラノ歌手/チロル州立歌劇場総裁)ヨアヒム・カイザー(音楽評論家)ニコラウス・アーノンクール(指揮者)メラニー・クシュニローヴァ(友人)ゲルミナル・ヒルベルト(エージェント)ペーター・ヴェヒター(ウィ-ン国立歌劇場管弦楽団ヴァイオリニスト)ヴォルフガング・シュルツ(ウィーン国立歌劇場フルーティスト)エリーナ・ガランチャ(メゾ・ソプラノ歌手)サー・ペーター・ヨナス(バイエルン州立歌劇場総裁) [監督]クラウス・ヴィッシュマン&ステファン・パンネン [制作]2008年 ■字幕/約1時間22分

おすすめ