【オーパス・ワン】秋田勇魚 独占インタビュー OPUS ONE Isana Akita interview

配信終了:2021年03月30日 23:59

その他

  • 5分
  • 2020
  • -

-

ピアニストの反田恭平やサクソフォン奏者の上野耕平らを世に送り出し、クラシックの新たな潮流を生み出している日本コロムビアが、2019年に立ち上げた新レーベル“Opus One”。レーベル名には作品番号“1”を意味する“Opus One”を冠し、制作ディレクターが20代限定でアーティストを選出。コンクールの入賞歴や活動実績にとらわれることなく、次代のクラシックを担う若き異才たちを選出し、2019年は5人のアーティストを送り出しました。第1期アーティストに選ばれたのは、日本人離れした情熱的な演奏で人々を魅了するチェリスト・笹沼樹、医大で研鑽を重ね医師免許を取得しながらヴァイオリニストとして活躍する石上真由子、日本声楽界におけるコロラトゥーラの女王となるべく逸材・鈴木玲奈、音符の行間にひそむパッションと狂気を引き出す若きピアニスト・古海行子、クラシック・ギター界にとどまらずジャンルレスな活躍が期待されるギタリストの秋田勇魚の5名です。5人は2019年1月に『Opus One(オーパス・ワン)』のタイトルでそれぞれCDをリリース。各々の持ち味が存分に生かされた収録曲のほか、過去に邦人作曲家の作品を積極的に世に送り出してきたクラシックレーベルとして、各アルバムに1曲ずつ邦人作品が取り上げられています。 今回収録したインタビューでは、クラシック音楽との出会いからOpus Oneへの参加理由、アルバムの選曲、Opus Oneの未来についても語っています。 秋田勇魚:ギターで描き出される物語と風景 〜音の世界へ誘う勇魚 7歳よりギターを村治昇、高田元太郎、ジェレミー・ジューヴに師事。同時に大萩康司、福田進一等国内外多数のギタリストにマスタークラスを受講。 国内主要ギターコンクールで優勝した後に、アルビ国際ギターコンクールにおいて優勝。台湾国際ギターコンクール審査員特別賞、イーストエンド国際ギターコンクール第2位及び聴衆賞受賞。2016年ミスター慶應SFCファイナリスト。2017年より慶應義塾大学を休学し活動拠点をフランスのパリに移す。現在パリ地方音楽院にてジェラール・アビトンに師事。

おすすめ