クラシカ・音楽人〈びと〉「パーヴォ・ヤルヴィ~『フィデリオ』に寄せて」 Ongakubito Paavo Järvi

配信終了:2020年12月01日 23:59

エンターテイメント

  • 30分
  • 2019
  • 日本

-

NHK交響楽団首席指揮者のヤルヴィが語る、Bunkamuraオーチャードホールでの『フィデリオ』(演奏会形式)の見どころ。マエストロの音楽観も理解できる番組。 音楽に身も心も捧げるアーティストの本音にクラシカ・ジャパン独自の切り口で迫るインタビュー番組。今回は、現在、NHK交響楽団首席指揮者、ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団芸術監督、エストニア・フェスティバル管弦楽団の創設者・音楽監督として活躍中、2019年9月からはチューリヒ・トーンハレ管弦楽団音楽監督兼首席指揮者も務める世界的指揮者のパーヴォ・ヤルヴィが登場です。 2020年のベートーヴェン生誕250周年に先駆け、2019年8月29日と9月1日にBunkamuraオーチャードホールで行われるオペラ『フィデリオ』(演奏会形式)を指揮するヤルヴィ。ベートーヴェン唯一のオペラを、演出のあるオペラではなくコンサートの中で、彼はどのように解釈するのか。また、2013年ドイツ・カンマーフィルとの来日演目でもある『フィデリオ』を、今回はN響と一緒にどんな音楽を創り出そうとしているのか。 バーンスタインとの出会い、若い時の打楽器の勉強が現在に与えている影響、そしてライブ配信やSNSといったテクノロジーの変化に対応するクラシック音楽の未来など、ヤルヴィの現在の音楽観も理解できる内容。N響との『フィデリオ』の予習としても最適だ。 [出演]パーヴォ・ヤルヴィ(指揮者/NHK交響楽団首席指揮者)[制作]2019年 ■字幕/30分(番組枠)

おすすめ