【クラシカジャパンから重要なお知らせ】

「クラシカ・ジャパン プラス」は2021年3月31日(水)を持ちまして配信を終了することとなりました。 詳しくはホームページよりご確認ください。

TUTTO VERDI #13『レニャーノの戦い』 Verdi: La battaglia di legnano

配信終了:2021年03月03日 23:59

オペラ

  • 2時間
  • 2012
  • -

イタリア・オペラ最大の作曲家ジュゼッペ・ヴェルディ生誕200年を記念して、全てのオペラとレクイエムを収録したプロジェクト「TUTTO VERDI」より第13作『レニャーノの戦い』。

神聖ローマ皇帝となったドイツのホーエンシュタウヘン家のフリードリヒ1世(通称赤髯公、バルバロッサ)は、北イタリア都市国家を武力で押さえつけるが、彼ら諸都市はロンバルディア同盟を結び反乱を起こす。レニャーノの戦いとは1176年イタリア都市同盟軍が神聖ローマ帝国軍を破った戦闘。原作はジョゼフ・メリの戯曲『トゥールーズの戦い』から。戦死したと伝えられた一人の勇気ある若者。その不幸な報せを聞いた恋人は、父親から命じられるままに別の男と結婚する。ところがある日、戦死したはずの若者が故郷に帰還する。『レニャーノの戦い』は1849年に初演され、当時のリソルジメント(イタリア国家統一運動)の気運を当て込んだ作品。現在ではヴェルディ初期作品の中でも特に上演が珍しい。ルネッサンス風の巨大な絵画が効果的に使われ、大プリマドンナ、ディミトラ・テオドッシュウの熱唱も熱い、威風堂々たる愛国オペラだ。

[出演]ディミトラ・テオドッシュウ(リーダ/ソプラノ)アンドリュー・リチャーズ(アッリーゴ/テノール)レオナルド・ロペス・リナレス(ロランド/バリトン)エンリーコ・ジュゼッペ・イオーリ(フェデリコ・バルバロッサ/バス)フランチェスコ・ムジーヌ(第1執政官/バス)フェデリーコ・ベネッティ(第2執政官/バス)ガブリエーレ・サゴーナ(コモの市長/バス)ジョヴァンニ・ガリアルド(マルコヴァルド/バリトン)シャロン・ピエルフェデリーチ(イメルダ/メゾ・ソプラノ)アレッサンドロ•デ•アンジェリス(伝令/テノール)ニコラ・パスコリ(アリーゴの従者/テノール)
[演目]ジュゼッペ・ヴェルディ: 4幕のトラジェディア・リーリカ『レニャーノの戦い』[台本]サルヴァトーレ・カンマラーノ[原作]ジョゼフ・メリの戯曲『トゥールーズの戦い』[演出]ルッジェーロ・カップッチョ[装置&衣裳]カルロ・サーヴィ、ミンモ・パラディーノ、マシュー・スペンダー[照明]ニーノ・ナポレターノ[指揮]ボリス・ブロット[演奏]トリエステ・ジュゼッペ・ヴェルディ歌劇場管弦楽団及び同合唱団[合唱指揮]パオロ・ヴェロ[映像監督]ティツィアーノ・マンチーニ[収録]2012年2月&3月ジュゼッペ・ヴェルディ劇場(トリエステ)
■字幕/全4幕:約2時間

キャスト

-

スタッフ

-

おすすめ