アルフレート・ブレンデルの音楽講座 第3回「音楽における解釈の光と影」 Brendel Lectures(Tape Label:Alfred Brendel On Music - Does Classical Music Have To Be Entirely Serious?)

配信終了:2020年12月17日 23:59

ドキュメンタリー

  • 1時間20分
  • 2010
  • -

2008年に惜しまれつつ演奏活動を引退した20世紀を代表するピアニスト、アルフレート・ブレンデル。これは2010年にザルツブルクで3日間にわたって行われ、大好評を博したブレンデルのレクチャー第3回。著書も多く楽譜の編纂にも積極的に関わるなど、演奏から教育へ活動の場を移してなお世界中で活躍する彼の健在ぶりがいかんなく発揮されている。 知性派ピアニストで知られるブレンデルらしく、明快な語り口で難しくなりがちなテーマが初心者でも分かりやすく楽しめる内容。また毎回異なるテーマに沿った奥深い解説もさることながら、ベートーヴェン、ハイドン、ヘンデル、シューベルトなど要所要所に応じて演奏されるブレンデルのピアノは大変貴重。理論と実践を効果的に交えながら、音楽に真摯に向き合ってきた音楽家ブレンデルの集大成ともいえる、まさに目から鱗の連続。単なる音楽分析ではなく、音楽の未知なる世界を教えてくれる見ごたえ十分な番組。 [出演]アルフレート・ブレンデル [監督]マーク・カイデル [収録]2010年9月27日ザルツブルク ■字幕/約1時間20分

おすすめ