バレンボイム「ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲」演奏会Vol.2 Beethoven, The Piano Trios

配信終了:2021年01月01日 23:59

コンサート

  • 1時間35分
  • 2019
  • -

ベートーヴェン・イヤー目前の2019年12月。バレンボイムが注目の若手奏者たちと披露したピアノ三重奏曲ツィクルス。名曲『大公』でフィナーレを飾る渾身の第2夜。  ベートーヴェンの生誕250年に向けて、ベルリンのピエール・ブーレーズ・ザールでは器楽・室内楽の4つの中心ジャンルに焦点を当てたベートーヴェン・ツィクルスを企画しました。ピアノ・ソナタ、弦楽四重奏曲、ヴァイオリン・ソナタ、そしてピアノ三重奏曲。番組は2019年12月、249回目の誕生月に、ダニエル・バレンボイムが、二人の若手奏者とともに行なったピアノ三重奏曲のツィクルス、その第2夜の模様です。  22歳になる直前にウィーンに進出したベートーヴェンが、その3年後に作曲家として初めて出版した「作品1」がピアノ三重奏曲第1~3番の3曲のセットです。ベートーヴェンの全創作の中でいえば中期の始まりに当たる時期。作曲家としての書法や個性を確立していく時期に軸となったのがこのジャンルでした。ピアノ三重奏曲の書法の変遷を追うことは、「大作曲家ベートーヴェン」が形作られていく過程を見ることでもあります。  バレンボイムがこのプロジェクトに迎えたのは、自らの次男であるヴァイオリニストのマイケル・バレンボイムと、現在彼が積極的にバックアップしている注目のチェリスト、キアン・ソルターニです。二人ともバレンボイム率いるウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団の首席奏者を務めています。  オーストリア生まれのイラン人チェリストのソルターニは公演当時27歳。2020年にはバレンボイムとシュターツカペレ・ベルリンが伴奏を務めるドヴォルザークの協奏曲をドイツ・グラモフォンからリリースするなど、世代を代表する奏者の一人です。映像で見る弾きっぷりからも、その豊かな音楽性や歌ごころが十分に伝わってきます。  若い二人の真摯な演奏にいっそう生き生きとした生命を吹き込んでいるのは間違いなくバレンボイムのピアノです。一切の虚飾のないごく自然なタッチの巨匠の10本の指から繰り出される多彩な表情。その支えの上で、ヴァイオリンとチェロが自由に振る舞って、ピアノの名技性と2つの弦楽器の独立性を両立させたベートーヴェンのピアノ三重奏曲の新しさが十全に発揮されています。  2夜にわたるツィクルスの第2夜は、ピアノ三重奏曲のための『私は仕立て屋カカドゥ』による変奏曲でスタートし、ピアノ三重奏曲第6番と第7番『大公』が演奏されました。  『私は仕立て屋カカドゥ』による変奏曲は、ヴァイオリン・ソナタ第3番~第9番『クロイツェル』が続けざまに生まれた1802~03年年ごろに作曲されたと考えられています。変奏主題の『私は仕立て屋カカドゥ』というのは、モラヴィア出身のオーストリアの作曲家ヴェンツェル・ミュラー(1767~1835)のジングシュピール『プラハの姉妹』の中の歌。変奏の名手ベートーヴェンの面目躍如といえる多彩なパターンの10の変奏が繰り広げられます。  ピアノ三重奏曲第6番は、1808年、交響曲第5番『運命』や第6番『田園』が書かれた「傑作の森」と呼ばれる絶頂期の作品で、第5番『幽霊』とともにOp.70として出版されました。  そして、ベートーヴェンのピアノ三重奏曲の集大成である第7番『大公』は1811年に作曲されました。Op.1の3曲でこのジャンルの音楽の新たな可能性を示し、Op.70の2曲でそれを成熟させたベートーヴェンが、さらなる飛躍を遂げて完成した、音楽史上のすべてのピアノ三重奏曲の最高傑作です。 [曲目] ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン: ピアノ三重奏曲のための『私は仕立て屋カカドゥ』による変奏曲ト長調Op.121a ピアノ三重奏曲第6番変ホ長調Op.70-2 ピアノ三重奏曲第7番変ロ長調『大公』Op.97 [演奏] ダニエル・バレンボイム(ピアノ) マイケル・バレンボイム(ヴァイオリン) キアン・ソルターニ(チェロ) [収録]2019年12月2、5日 ベルリン、ピエール・ブーレーズ・ザール [映像監督]フレデリック・デレスク

おすすめ