シフのレクチャーコンサート「バッハ:6つのパルティータ」 Bach Partitas - Lecture Concert Sir Andras Schiff - English

配信終了:2021年02月02日 23:59

コンサート

  • 1時間40分
  • 2018
  • -

解き明かされるバッハの作曲奥義。現代最高のピアニストによる高く深く、機知に富んだレクチャー・コンサート


サー・アンドラーシュ・シフは掛け値なし、現代最高のピアニストのひとり。モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト等々の王道レパートリーで、純粋に作曲家の音楽そのものが伝わるような演奏をします。それはまるで演奏家を介さないが如く……。特に若い頃から一貫して弾き続けているJ.S.バッハにおいては、歴史的にも最高の演奏家のひとりといえるでしょう。当番組ではシフがベルリンで行ったバッハの「6つのパルティータ」についてのレクチャー・コンサートをお届けします。
「バッハはこの6曲がいっぺんに弾かれることなど考えたこともなかっただろうが」と前置きし、調性や音楽の性格から決めたという独自の曲順でレクチャー+演奏を進めていきます。音楽に対峙する厳しさとユーモアが渾然一体となった語りは、シンプルでありながら奥深い味わい。演奏はさらにその言葉を100%以上に反映し、音は結晶のように純粋、深く静かな美しさを湛え、なんと雄弁に語り歌うことか。随所で「なるほど……」とため息をつきたくなるほど、説得力と生命感に富んでいます。
シフはパルティータの6曲のキャラクターの違いを示し、共通したアルマンド、クーラント、サラバンドなどがそれぞれドイツ、イタリア、スペイン他の舞曲であり、パルティータはそれらを卓越したセンスで組み合わせた曲集であること、バッハがいかにこれらの外国の音楽を吸収・消化したか、そして演奏するにあたってそれら舞曲の様式を考慮することの重要性などを、知的に実践的に、次々と解き明かしていきます。時に細かく分析したり、それに類する他ジャンルの曲を弾いてみたり(『マタイ受難曲』のアリアなど)、幅広い知識と経験をおしみなく、自然に聴衆への教示に結び付けるさまは感動的です。
特に「どんな楽器といえども人間の声と同じく“語り”“歌う”ようにしなければ」と語るシフの言葉や、1時間半もの演奏とレクチャーで楽譜も台本もなしというあたり、この大演奏家の矜持を強く感じることと思います。







[演奏]サー・アンドラーシュ・シフ(レクチャー、ピアノ)
[曲目]
ヨハン・セバスティアン・バッハ:
パルティータ第5番ト長調BWV829
パルティータ第3番イ短調BWV827
パルティータ第1番変ロ長調BWV825
パルティータ第2番ハ短調BWV826
パルティータ第4番ニ長調BWV828
パルティータ第6番ホ短調BWV830

[収録]2018年6月 ベルリン、ピエール・ブーレーズ・ザール
[映像監督]フレデリック・ドレスク

■字幕/01:39:32

おすすめ