バーンスタインのヤングピープルズコンサート9 Young People's Concert Was ist Impressionismus?

配信終了:2020年11月20日 23:59

ドキュメンタリー

  • 57分
  • 2004
  • -

ドビュッシーの交響詩『海』をテーマに、子供たちに印象主義を説明する40代のバーンスタイン。全音音階や旋法、複調性の解説もわかりやすい。バーンスタインのピアノの上手さも印象的。 バーンスタインが「私の人生の中で最も気に入り最も誇りに思っている仕事の一つ」と語る『ヤング・ピープルズ・コンサート』は、1958年から1972年までアメリカCBSで放映された伝説のテレビ・シリーズです。 バーンスタイン自らが構成と脚本を担当し、司会と指揮を務め、子供たちに楽しくわかりやすくクラシック音楽を解説します。子供たちが純粋に音楽を楽しんでいる様子が印象的。しかも、今大人が観ても、音楽の新たな楽しみ方が発見できる驚きの内容です。演奏はニューヨーク・フィルハーモニック。 第9話では、ドビュッシーの交響詩『海』をテーマに、印象主義の新しい響きの秘密や、全音音階・五音音階・旋法・複調性などの音構造を、子供でも理解できる例でわかりやすく解説します。モネの『ルーアン大聖堂』を見ながら、バーンスタインがこの名画の色調を語るのですが、モノクロ画面なので、逆に見る者の想像力が刺激されます。ドビュッシーのピアノ曲をさらっと弾くバーンスタインのピアノの上手さとセンスの良さも必見。 [出演]レナード・バーンスタイン(お話・指揮・ピアノ)ニューヨーク・フィルハーモニック[演目]クロード・ドビュッシー:交響詩『海』(第1楽章「海の夜明けから真昼まで」第2楽章「波の戯れ」第3楽章「風と海の対話」)、モーリス・ラヴェル:バレエ『ダフニスとクロエ』第2組曲~全員の踊り[収録]カーネギー・ホール(ニューヨーク)[オリジナル放映日]1961年12月1日[映像監督]ロジャー・イングランダー ■字幕/約57分

おすすめ